DIY FACTORY

パーツから探す

コーディネートから探す

シーンから探す

プロジェクトから探す

DIYerから探す

DIY FACTORY

top

  • TOP
  • ベランダでもチルタイムを。可動式カウンターテーブル

ビューアイコンこのページの閲覧数 62 views

DIY FACTORY staff
コーラル

せまいベランダで置き型のデスクは置けないけど、手すりにひっかけるだけなので気軽に使えて収納もできます!

ベランダでもチルタイムを。可動式カウンターテーブル

5,300円 (税込)

カートに入れるカートに入れる

お気に入りお気に入りに追加する

コーディネートパーツ

coordinate parts

刷毛 水性用 50mm 美装-BISO-

545(税込)

  • 数量:
  • 1

感動の塗り心地、どこまでも塗れる刷毛

商品詳細ページ別ウインドウ表示

SPF材 1x4(ワンバイフォー材) 900mm 1本

365(税込)

  • 数量:
  • 2

DIYで大人気のホワイトウッド系の木材

商品詳細ページ別ウインドウ表示

SPF材 1×8 (ワンバイエイト) 900mm 1本

1,430(税込)

  • 数量:
  • 2

DIYで大人気のホワイトウッド系の木材

商品詳細ページ別ウインドウ表示

L型ジョイント金具 1×4用 DIY-ID

190(税込)

  • 数量:
  • 2

角度も決めやすく、強く締結ができます。小さいながら目立つ形状なのでアクセントとしても効果的です。

商品詳細ページ別ウインドウ表示

木工用ビス 軸細コーススレッド 3.3×40(mm) 9本入×5セット

120(税込)

  • 数量:
  • 1

小袋入りの少量が便利なコーススレッド

商品詳細ページ別ウインドウ表示

水性屋外用ステイン ブラウン 90ml Wood Atelier エクステリアカラー

680(税込)

  • 数量:
  • 1

3年耐久のお洒落なガーデン用ステイン

商品詳細ページ別ウインドウ表示

DIYしてみたいものを
リクエストしよう!

あなたのアイデアが商品化するかも!?

メールアドレスを入力して
お知らせを受け取ろう!

  • 作り方
  • コラム

まずは墨付けと下穴

上図のように印をつけます。 赤印はベランダの手すり幅によって場所が異なるので、この時点ではつけません。 下穴をあけておくと、組み立てで失敗しづらくなります。

塗りやすい状態で塗装しましょう

下穴をあけたら、組み立ての前に塗装をします。 組み立て前に塗装すると端までしっかり塗装できるので、紫外線や雨風から木材を隙間なく保護できます。 塗装には必ず屋外用塗料を使用してください。 ※わかりやすくするために、以下工程では無塗装の木材を使用しています。

順番に注意して

下穴をあけた1×4材と下穴をあけていない1×8材をL字に組んで、ねじを留めていきます。 写真にも順番を示している通り、まず両端をねじで留めてから内側の2か所を留めます。 L字に組む際に、もう一枚の1×8材を支えに使うと安定して組み立てられます。

ベランダの手すりにサイズを合わせて

L字に組んだ木と1×4材をベランダの手すりにあてがい、ぴったりサイズになるよう実寸で計測します。木を落とさないように注意してください! 手すりを挟むように配置したら、写真のようにL字に組んだ方の木に印をつけます。

目印をつけます

印をつけたところよりも3mm外に線を引きます。 その線のさらに10mm外側のところに両端からそれぞれ60mm、300mmで印をつけ、下穴をあけます。 この下穴が、手順①の赤い印になります。

作業をしやすい配置で組み立てを

L字に組んだ木と背面に来る1×4材を組み立てます。 さきほど引いておいた線に合わせて1×4材を配置し、ねじで固定します。木が線より内側に入ってしまうと手すりにはまらなくなるので注意。 机の端で1×8材が机の外に出るようにすると、作業しやすくなります。

金具で補強します

前板の1×8材の下側に下穴があいているので裏からビスを入れて準備をしておきます。ビスの先端が向こう側に出るか出ないかくらいでOKです。 4か所ねじを入れたら床に材料を90度回転させて立て、L字金具を使って前板と天板の1×8材同士を固定します。 L字金具はまず片側の端に1本ねじを留めたら、金具と木材が90度に合わさっているか確認して、反対の端に2本目を留めます。 2本がしっかり留まったら間の2本のねじも留めます。 L字金具がついたら、準備しておいた背面のビスを締めて固定します。

完成!

ベランダの手すりにきちんとはまるかを確認して完成です! 天板になる部分はL字金具とビスで留めて頑丈にはなっていますが、体重をかけての使用は破損の危険がありますのでお控えください。 外で雨風が当たるので外部木部用塗料を塗っていると安心です。