DIY FACTORY

プロジェクトから探す

DIYerから探す

top

  • TOP
  • 紙やすりセット #120 #240 #400 各6枚入

ビューアイコンこのページの閲覧数 220 views

DIY FACTORY staff
コーラル

ちょうど使い切りできる大きさの紙やすりがセットになってお得!粗めからサラサラの仕上げが可能な番手がそろっているので使いやすい♪

紙やすりセット #120 #240 #400 各6枚入

200円 (税込)

数量


内容#120 #240 #400 各6枚 (18枚入)

カートに入れるカートに入れる

お気に入りお気に入りに追加する

特徴

木材のバリ取り

切断した木材やホームセンターで購入してきた無垢材は、バリや表面が毛羽立った状態にあります。磨いて滑らかな表面を作ることで、触れても木のトゲが刺さらない安全な状態へと加工できます。

塗装前の下地作り

木材にそのまま塗料を塗ると、木材の凹凸がそのまま残ったり接着剤や手垢の付いている部分に塗料がつかない・・・などの問題が起こりがちです。研磨して滑らかな表面を作ることで、仕上がりが大きく変わってきます。

刷毛跡の処理

塗装で最もよく使われる刷毛ですが、使用する塗料や塗り方によって刷毛跡が残ってしまいます。そのままの状態も手作り感があって良いですが、磨くときれいに滑らかな仕上がりになります。

エイジング加工

経年劣化で塗装が剥げたような雰囲気のエイジング加工にはサンドペーパーが用いられます。塗料が乾いた後で、ゴシゴシと塗装を剥がしていくことで、リアリティのある仕上がりになります。木材の場合には角を中心に削って落としていくと良いです。

面取り加工

面取り加工とは木材の角を丸く仕上げる加工方法。これには「トリマー」という電動工具を使うこともありますが、細かい部分ならサンドペーパーの方がおすすめです。

金属のサビ取り

金属のサビ取りにはディスクグラインダーを使うことがありますが、この機械は慣れるまではかなり危険な道具です。薄めのサビならサンドペーパーを使って削っていく方が安全です。

使い方

サンドペーパーの番手と選び方

サンドペーパーの粗さやザラザラ具合の事を番手と呼び「#」と表記します。研磨では通常ザラザラした粗い番手→ツルツルした細かい番手の順でサンドペーパー使っていきます。

plus

DIY UP!

DIYをさらに便利で快適にするアイテムをご紹介します

ペーパーステイン おしぼり塗料 ウォルナット 1枚入

298(税込)

「おしぼり」みたいな塗料で誰でも簡単に塗装!

商品詳細ページ別ウインドウ表示

SPF材 2x4(ツーバイフォー材) 900mm 1本

424(税込)

DIYで大人気のホワイトウッド系の木材

商品詳細ページ別ウインドウ表示

SPF材 1x4(ワンバイフォー材) 900mm 1本

365(税込)

DIYで大人気のホワイトウッド系の木材

商品詳細ページ別ウインドウ表示

インスピレーションまとめ

inspiration

インスピレーションまとめ

DIYしてみたいものを
リクエストしよう!

あなたのアイデアが商品化するかも!?

メールアドレスを入力して
お知らせを受け取ろう!